米長期金利、一時4.33%台 14年11カ月ぶり高水準

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米連邦議会議事堂内に掲げられている星条旗=2022年7月、西田進一郎撮影
米連邦議会議事堂内に掲げられている星条旗=2022年7月、西田進一郎撮影

 21日のニューヨーク債券市場の米国債相場は、米長期金利の指標となる10年債利回りが一時4・33%台まで上昇し、ロイター通信によると2007年11月以来、約14年11カ月ぶりの高水準を付けた。政策金利の動向に敏感な2年債利回りは一時4・63%台まで上がり、07年8月以来の高水準。

 その後は米連邦準備制度理事会(FRB)…

この記事は有料記事です。

残り81文字(全文241文字)

あわせて読みたい

ニュース特集