特集

円安と物価高

日本の物価が上がり始めました。円安・ドル高もコスト上昇に拍車をかけ、商品・サービスの値上げラッシュが続いています。

特集一覧

政府・日銀が為替介入 一気に6円近く円高、一時146円台に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
1ドル=147円台になったことを示す街頭の為替ボード=東京都中央区で2022年10月22日午後0時52分、西夏生撮影
1ドル=147円台になったことを示す街頭の為替ボード=東京都中央区で2022年10月22日午後0時52分、西夏生撮影

 21日のニューヨーク外国為替市場で円が対ドルで急落し、日本政府・日銀が円買い・ドル売り介入に踏み切った。円相場は21日深夜から22日未明にかけて1ドル=151円90銭台から146円20銭台まで一気に6円近く円高方向に値を戻した。政府・日銀は9月22日にも約24年ぶりとなる円買いの為替介入を実施しており、過度な為替変動を阻止する姿勢を改めて示した。

 岸田文雄首相は22日、訪問先のオーストラリア西部パースで記者団の取材に応じ、「政府としては投機による過度な変動は容認できない。過度な変動に対しては適切な対応をとっていく」と述べた。介入の有無は明らかにしなかったが、複数の関係者は同日、毎日新聞の取材に対し、介入したことを認めた。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文635文字)

【円安と物価高】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集