英保守党首選、再び火ぶた 下院トップ出馬表明、前首相も検討か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
(左から)ペニー・モーダント下院院内総務、リシ・スナク元財務相、ボリス・ジョンソン前首相=いずれも2022年、ロイター
(左から)ペニー・モーダント下院院内総務、リシ・スナク元財務相、ボリス・ジョンソン前首相=いずれも2022年、ロイター

 トラス英首相の20日の辞任表明を受け、次期首相を決める与党・保守党の党首選の火ぶたが切られた。21日にはペニー・モーダント下院院内総務(49)が出馬を表明。このほか、前回党首選でトラス氏に敗れたリシ・スナク元財務相(42)の出馬が有力視されるほか、ボリス・ジョンソン前首相(58)も立候補に前向きと報じられている。

 立候補には党下院議員100人の推薦が必要で、届け出は24日午後2時(日本時間午後10時)に締め切られる。この時点で立候補者が1人の場合は自動的に新党首となる。2人以上の場合は議員投票や一般党員によるオンライン投票などを経て、28日に勝者が発表される。トラス氏は後任が決まるまで首相を続ける。

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文729文字)

あわせて読みたい

ニュース特集