米下院特別委、トランプ前大統領に召喚状 連邦議会襲撃調査で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
米連邦議会議事堂を取り囲むトランプ氏の支持者ら=米ワシントンで2021年1月6日、高本耕太撮影
米連邦議会議事堂を取り囲むトランプ氏の支持者ら=米ワシントンで2021年1月6日、高本耕太撮影

 2021年1月の米連邦議会襲撃事件を調査する下院特別委員会は21日、トランプ前大統領(共和党)に宣誓証言や文書の提出を命じる召喚状を出した。11月4日までに事件に関係する文書を提出し、11月14日ごろに宣誓証言に臨むよう求めている。米議会が大統領経験者に召喚状を出すのは異例だ。トランプ氏側が受け入れるかどうかは明らかではない。

 特別委は民主党が主導している。中間選挙(11月8日)を前に、トランプ氏が20年の大統領選の結果を覆そうとしたことが支持者による議会襲撃につながったことを改めて強調し、民主党への支持につなげたい思惑もあるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り1195文字(全文1468文字)

あわせて読みたい

ニュース特集