特集

習近平の中国

習近平体制は党大会を経て3期目が始動。権力集中が加速する異例の長期政権は、どこに向かうのでしょうか。

特集一覧

次期中国外交トップ、王毅氏が有力 「定年」超え69歳、中央委再任

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中国の王毅国務委員兼外相=首相官邸で2018年4月16日午後3時36分、川田雅浩撮影
中国の王毅国務委員兼外相=首相官邸で2018年4月16日午後3時36分、川田雅浩撮影

 中国共産党が22日に発表した新たな中央委員会の委員名簿に外交担当トップで政治局員の楊潔篪(ようけつち)党中央外事工作委員会弁公室主任(72)の名は無く、楊氏の引退が決まった。中国外交のかじ取りを担う楊氏の後任には、22日に中央委員に再任された王毅(おうき)国務委員兼外相が有力視されている。

 68歳以上の党幹部は一般的に退任するが…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文412文字)

【習近平の中国】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集