天皇陛下の特別仕様車は「皇ナンバー」 歓迎に応える車列の秘密

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
天皇陛下が乗られる御料車。助手席側のヘッドライト近くにつけられている円形のものが「皇ナンバー」。ボンネット中央には赤色の天皇旗、その下に菊の紋章がある=国会内で2022年10月3日午後0時44分、内藤絵美撮影
天皇陛下が乗られる御料車。助手席側のヘッドライト近くにつけられている円形のものが「皇ナンバー」。ボンネット中央には赤色の天皇旗、その下に菊の紋章がある=国会内で2022年10月3日午後0時44分、内藤絵美撮影

 天皇、皇后両陛下は22日から沖縄県を訪問されている。新型コロナウイルス感染症の拡大で見合わせていた地方訪問は10月から再開し、沿道に立つ人々が両陛下の車列に手を振る光景がまた見られるようになった。陛下が乗る車はどんなものなのか。車列にはどんな車が並ぶのか。両陛下の車にまつわる基礎知識をお伝えしたい。

 「御料車(ごりょうしゃ)」。両陛下が乗る車はそう呼ばれている。宮内庁によると、現在は特別仕様のトヨタのセンチュリーなどで複数台ある。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文880文字)

あわせて読みたい

ニュース特集