静岡・観光バス横転の原因? フェード現象どう防ぐ 普通車でも注意

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
静岡県小山町の県道で観光バスが横転した事故現場=2022年10月13日午後1時43分、本社ヘリから
静岡県小山町の県道で観光バスが横転した事故現場=2022年10月13日午後1時43分、本社ヘリから

 富士山麓(さんろく)を走る静岡県小山町の県道「ふじあざみライン」で13日、観光バスが横転し、乗客1人が死亡、26人が重軽傷を負った事故は、ブレーキの多用で制動力が低下する「フェード現象」が原因とする見方が専門家の間で強まっている。

 自動車運転処罰法違反(過失致死)容疑で送検されたバス運転手は「ブレーキが利かなくなった」と話しているという。乗用車でも起きる可能性があるフェード現象。どうやって防いだらいいのか。

 事故は13日正午前に発生した。旅行会社大手「クラブツーリズム」(本社・東京)が企画した観光ツアー中、乗客・乗員36人を乗せた観光バスが右下りカーブを走行中に道路左側の斜面に乗り上げ、横転したとみられる。静岡県警が運転手やバスの運行会社「美杉観光バス」(埼玉県飯能市)などを捜査している。

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1296文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集