紳士的なツシマヤマネコ「ごくう」死ぬ 15歳 東山動植物園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
22日に死んだツシマヤマネコの「ごくう」=東山動植物園提供
22日に死んだツシマヤマネコの「ごくう」=東山動植物園提供

 名古屋市東山動植物園は22日、国の天然記念物で国内希少野生動植物種に指定されているツシマヤマネコの雄「ごくう」が死んだと発表した。15歳だった。死因は頭部腫瘍。

 園によると、6月下旬に頭が膨らみ始め、検査で腫瘍と判明。7月に切除し、経過観察が続いていたが、22日朝に園舎で死んでいるのを飼育員が発見…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

あわせて読みたい

ニュース特集