空高く、火の粉が乱舞 3年ぶり「鞍馬の火祭」 たいまつ担ぎ歩く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鞍馬の火祭で、たいまつを持って鞍馬街道を歩く子どもら=京都市左京区で2022年10月22日午後6時42分、山崎一輝撮影
鞍馬の火祭で、たいまつを持って鞍馬街道を歩く子どもら=京都市左京区で2022年10月22日午後6時42分、山崎一輝撮影

 京都市北部の山あいで燃え盛るたいまつを担ぎ歩く「鞍馬の火祭」が22日夜、3年ぶりに行われ、夜空を赤く染める勇壮な炎に、多くの見物客が見入った。

 鞍馬山の山腹にある由岐(ゆき)神社(同市左京区)の例祭で、平安時代の940年に朱雀天皇が御所の祭神・由岐大明神を鞍馬に移した際、かがり火で行列したとされる…

この記事は有料記事です。

残り186文字(全文336文字)

あわせて読みたい

ニュース特集