ホームドア青色なぜ? 「かもめ」停車の佐賀・武雄で開業記念展

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
西九州新幹線が開業し、長崎方面に向けてJR武雄温泉駅を出発する「かもめ」=佐賀県武雄市で2022年9月23日午後0時3分、本社ヘリから平川義之撮影
西九州新幹線が開業し、長崎方面に向けてJR武雄温泉駅を出発する「かもめ」=佐賀県武雄市で2022年9月23日午後0時3分、本社ヘリから平川義之撮影

 佐賀県武雄市の市図書館・歴史資料館で、九州新幹線長崎ルート(西九州新幹線)の開業を記念する企画展「新風颯爽(しんぷうさっそう)かもめ翔(と)ぶ」が開かれている。1895(明治28)年に開通し、今は新幹線「かもめ」も停車する武雄と鉄道の歴史をふり返る。入場無料。11月6日まで。

 武雄の領主、鍋島茂義(1800~62年)らが収集した「武雄鍋島家洋学関係資料(2224点)」は、2014年に国の重要文化財に指定された。

 展示している「商工業雑誌」はその中の1冊で、アムステルダムで刊行された商工業の解説書。蒸気機関車などが絵入りで紹介されているが、手あかの付き方から武雄ではこうした知識が早い時期から知られていたとみられるという。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文552文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集