ワリエワの処分、公表せず ドーピング問題で露機関「機密事項」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【北京冬季五輪】女子フリーで演技するROCのカミラ・ワリエワ=北京・首都体育館で2022年2月17日、猪飼健史撮影
【北京冬季五輪】女子フリーで演技するROCのカミラ・ワリエワ=北京・首都体育館で2022年2月17日、猪飼健史撮影

 今年2月の北京冬季オリンピックでドーピング問題が発覚したフィギュアスケート女子のカミラ・ワリエワ(16)=ロシア=を巡り、処遇を判断する権限を持つロシア反ドーピング機関(RUSADA)は21日、処分の有無や聴聞会の日程などについて「機密事項」として公表しないと発表した。

 当時15歳のワリエワは世界反ドーピング…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文392文字)

あわせて読みたい

ニュース特集