小平奈緒、引退レースで有終のV 全日本距離別スピードスケート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
最後のレースで優勝し、声援に応える小平奈緒=長野市のエムウェーブで2022年10月22日、和田大典撮影
最後のレースで優勝し、声援に応える小平奈緒=長野市のエムウェーブで2022年10月22日、和田大典撮影

 スピードスケートの全日本距離別選手権第2日は22日、長野市エムウェーブで行われ、女子500メートルは36歳で現役最後のレースとなった2018年平昌冬季オリンピック金メダルの小平奈緒(相沢病院)が37秒49で8年連続13度目の優勝を果たした。高木美帆(日体大職)が38秒18で2位。女子3000メートルは高木が4分5秒93で2年連続6度目の頂点に立った。男子1500メートルは野々村太陽(専大)が1分45秒73の好記録で初制覇した。

 女子短距離界をけん引してきた小平は、最後まで強かった。4月の引退表明から約半年をかけて準備してきたすべての思いを1本のレースに込めた。自身の大会記録こそ届かなかったが、結城匡啓(まさひろ)コーチに「頭が下がる。筋書きがあってもこうならない」と言わしめた。

この記事は有料記事です。

残り487文字(全文831文字)

あわせて読みたい

ニュース特集