シモナ・ハレプがドーピング違反 テニス元世界1位、故意否定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 テニスの不正監視機関、ITIAは21日、女子シングルスで元世界ランキング1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)にドーピング違反があったとして暫定的に資格停止処分を科したと発表した。

 現在世界9位のハレプは、8~9月に行われた全米オープンでの検査で、禁止薬物ロキサデュスタットが検出された。4大大会2度優…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

あわせて読みたい

ニュース特集