特集

三浦佳生|Fun!フィギュア

昨季はジュニアながら全日本選手権4位に食い込んだ実力者。シニアに本格参戦する今季は、持ち味の4回転ジャンプを生かし、駆け上がる

特集一覧

SP自己新の三浦佳生、海外GP初参戦で堂々 スケートアメリカ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フィギュアスケートGPシリーズのスケートアメリカでSP演技をする三浦佳生=2022年10月21日、AP
フィギュアスケートGPシリーズのスケートアメリカでSP演技をする三浦佳生=2022年10月21日、AP

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは21日(日本時間22日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで開幕し、男子ショートプログラム(SP)で三浦佳生(かお)選手(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が自己ベストの94・96点で首位発進した。

 演技後の記者会見で、上位3人の真ん中に座った17歳の三浦選手は外国人記者から「この結果に驚いているか」と問われると、はにかみながら答えた。

 「なんでここに自分がいるんだという感じなんですけど、やることはやったので良い結果が出てうれしいです」

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文726文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集