特集

三浦佳生|Fun!フィギュア

昨季はジュニアながら全日本選手権4位に食い込んだ実力者。シニアに本格参戦する今季は、持ち味の4回転ジャンプを生かし、駆け上がる

特集一覧

17歳・三浦佳生が2位 マリニンが逆転優勝 スケートアメリカ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
スケートアメリカで2位となった三浦佳生(左)。優勝は米国のイリア・マリニン(中央)、3位は韓国の車俊煥(右)=ノーウッドで2022年10月22日、USAトゥデー・ロイター
スケートアメリカで2位となった三浦佳生(左)。優勝は米国のイリア・マリニン(中央)、3位は韓国の車俊煥(右)=ノーウッドで2022年10月22日、USAトゥデー・ロイター

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカ第2日の22日(日本時間23日)、米マサチューセッツ州ノーウッドで男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三浦佳生(かお)選手(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が178・23点、合計273・19点で2位に入った。SP4位でフリーではクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を成功させるなどしたイリア・マリニ…

この記事は有料記事です。

残り290文字(全文483文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集