小平奈緒、有終の美で見せた“らしい”配慮 李相花からもエール

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【全日本スピードスケート距離別選手権】女子500メートルのレース後、健闘をたたえあう小平奈緒選手(左)と高木美帆選手=長野市のエムウェーブで2022年10月22日、和田大典撮影
【全日本スピードスケート距離別選手権】女子500メートルのレース後、健闘をたたえあう小平奈緒選手(左)と高木美帆選手=長野市のエムウェーブで2022年10月22日、和田大典撮影

 スピードスケートの2018年平昌冬季オリンピック女子500メートル金メダルの小平奈緒選手(36)=相沢病院=が22日、長野市エムウェーブで引退レースとなる全日本距離別選手権の女子500メートルに臨み、優勝して有終の美を飾った。満員となる6085人の観客の前で、滑りだけではない「らしさ」も見せた。

 「皆さんの顔を見ると、涙がこぼれそうだった」。レース前のウオーミングアップで自分を追いかけるように湧く大きな拍手を聞いて、そう感じた。それでも集中力を高め、厳しい表情を崩さなかった。スタートし、「氷にはじかれないように。足がくっついているんじゃないかというくらい、(氷に)寄り添うように」と感覚を研ぎ澄ませてカーブを抜ける。最後の直線に入ると「ここからは自由だ」と気持ちよくフィニッシュした。タイムを見て小さく拳を握…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文896文字)

あわせて読みたい

ニュース特集