アマ・蟬川の快進撃 95年ぶり快挙へ単独首位 ゴルフ日本OP

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子ゴルフ、アマチュアの蟬川泰果選手=岸本悠撮影
男子ゴルフ、アマチュアの蟬川泰果選手=岸本悠撮影

 国内男子ゴルフのメジャー大会、日本オープン選手権は22日、兵庫県三木市の三甲ゴルフ倶楽部ジャパンコースで第3ラウンドがあり、首位タイで出たアマチュアの蟬川泰果(東北福祉大)が通算13アンダーで2位に6打差をつけて単独首位に立った。

 今大会のコースは「日本オープンにふさわしい難易度を」と距離やピンの位置が難しく設定され、「優勝争いのスコアは5アンダーぐらい」と関係者からささやかれていた。だが、アマチュ…

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文506文字)

あわせて読みたい

ニュース特集