特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

初舞台でのびのび 急成長のヤクルト長岡 日本シリーズ第1戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-オリックス】二回表オリックス2死満塁、宗の遊飛を捕球するヤクルトの遊撃手・長岡=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影
【ヤクルト-オリックス】二回表オリックス2死満塁、宗の遊飛を捕球するヤクルトの遊撃手・長岡=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影

 プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2022」(7試合制、4戦先勝方式)が22日、東京・神宮球場で開幕し、セ・パ両リーグでともに2連覇したヤクルトとオリックスが対戦した。

 「こんなんじゃ出られない」と痛感した場に、チームの主力として戻ってきた。プロ入り3年目で覚醒したヤクルト・長岡秀樹。初舞台でのびのびとしたプレーを披露した。

 二回の初打席は右飛にはなったがオリックス・山本由伸の145キロフォークをフェンス際まで飛ばし、守備では遊撃後方の嫌な飛球を後退しながら落ち着いてさばいた。

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文692文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集