特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

短期決戦は任せて ヤクルト塩見、勝ち星呼ぶ打撃 日本シリーズ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-オリックス】三回裏ヤクルト無死、本塁打を放ち喜ぶ塩見(右)=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影
【ヤクルト-オリックス】三回裏ヤクルト無死、本塁打を放ち喜ぶ塩見(右)=神宮球場で2022年10月22日、西夏生撮影

○ヤクルト5―3オリックス●(22日、神宮)

 プロ野球の日本一を決める「SMBC日本シリーズ2022」(7試合制、4戦先勝方式)が22日、東京・神宮球場で開幕し、セ・パ両リーグでともに2連覇したヤクルトとオリックスが対戦した。

 自称「昨年のクライマックスシリーズ(CS)MVP単独2位」の男は、今年も短期決戦に強かった。ヤクルトのリードオフマン、塩見泰隆が相手の絶対的エース山本由伸を打ち、大きな勝ち星を引き寄せた。

 「短期決戦で僕が重要だと思っているのは入り。1打席目、初球など入りを集中してやっていきたい」。見せたのは、まさに語っていた通りの働きだ。

この記事は有料記事です。

残り629文字(全文906文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集