特集

札幌冬季五輪招致

2030年冬季オリンピック・パラリンピック開催へ向けて、札幌市が招致活動を進めています。招致の動き、課題をリポート。

特集一覧

半年後に迫る北海道知事選と札幌市長選 現職2氏の不安要素

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見で質問に答える鈴木直道知事=札幌市中央区で2022年9月13日、米山淳撮影
記者会見で質問に答える鈴木直道知事=札幌市中央区で2022年9月13日、米山淳撮影

 来春の統一地方選に合わせて実施される知事選と札幌市長選(2023年4月9日投票)まで半年を切った。知事選には現職の鈴木直道氏(41)が再選を目指して出馬する見通しだが、正式な立候補表明には至っていない。対抗馬擁立に向けた動向を注視しながら、表明のタイミングを慎重に探っているとみられる。野党側は高い支持率を維持する鈴木知事に対抗する候補擁立に頭を悩ませている。【真貝恒平、山田豊、高橋由衣】

この記事は有料記事です。

残り1869文字(全文2065文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集