中国人民銀行のトップ交代か 郭樹清氏、中央委員から外れる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中国人民銀行=北京市内で2019年11月12日午前、赤間清広撮影
中国人民銀行=北京市内で2019年11月12日午前、赤間清広撮影

 22日閉幕した中国共産党の第20回党大会で、中国人民銀行(中央銀行)の首脳陣が交代する見通しとなった。トップの郭樹清・同行党委員会書記が中央委員から外れた。これまで中央委員候補だった易綱同行総裁も新たな名簿に入らなかった。来年春の全国人民代表大会(全人代)を経て、両氏が代わる可能性が高い。

 両氏はいずれも2018年3月に就任し、…

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文262文字)

あわせて読みたい

ニュース特集