バチカンと中国、カトリック司教任命権で合意再延長 協調を継続

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フランシス・ローマ教皇=バチカンで2022年10月19日、バチカンメディア・ロイター
フランシス・ローマ教皇=バチカンで2022年10月19日、バチカンメディア・ロイター

 キリスト教カトリックの総本山バチカン(ローマ教皇庁)は22日、司教任命権を巡る中国との暫定合意を2年間延長すると発表した。国交のない両国は長年対立してきたが、2018年に暫定合意を結び歴史的和解を果たした。延長は20年に続き2度目。本合意への切り替えは見送ったが、引き続き協調することを決めた。

 暫定合意の詳細な内容は明らかでないが、バチカン公式メディアなどによ…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文457文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集