特集

習近平の中国

習近平体制は党大会を経て3期目が始動。権力集中が加速する異例の長期政権は、どこに向かうのでしょうか。

特集一覧

習近平指導部、異例の3期目 大幅な人事刷新、権力基盤固め

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中国共産党の第20期中央委員会第1回総会を終え、記者会見に臨む習近平総書記(手前)ら新指導部のメンバー=北京の人民大会堂で2022年10月23日(共同)
中国共産党の第20期中央委員会第1回総会を終え、記者会見に臨む習近平総書記(手前)ら新指導部のメンバー=北京の人民大会堂で2022年10月23日(共同)

 中国共産党は23日、第20回党大会で選出された第20期中央委員会による第1回総会(1中全会)を開き、習近平総書記(69)=国家主席=による異例の3期目指導部が発足した。習氏は最高指導部メンバーを大幅に入れ替え、自らと関係の深い元部下らを迎え入れて権力基盤を更に強固にした。

 最高指導部を構成する政治局常務委員会のメンバーは引き続き7人。序列順に、習氏▽李強(り・きょう)上海市党委員会書記(63)▽趙楽際(ちょう・らくさい)前中央規律検査委員会書記(65)▽今月67歳の王滬寧(おう・こねい)前中央書記処筆頭書記▽蔡奇(さい・き)中央書記処筆頭書記(66)▽丁薛祥(てい・せつしょう)党中央弁公庁主任(60)▽今月66歳の李希(り・き)中央規律検査委書記。

 新たに常務委入りした李強、蔡、丁の各氏は習氏が地方政府トップなどを務めた時期の元部下。李希氏も習氏に近いとされている。常務委員に再任された王、趙の両氏は習氏の信頼を得ているとみられる。

この記事は有料記事です。

残り887文字(全文1309文字)

【習近平の中国】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集