「ダイヤモンド大山」観望会に1000人 武者隊の演舞も 鳥取

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大山山頂付近に朝日が昇る瞬間を大勢の人が待ち構えた=鳥取県米子市久米町の米子城跡で2022年10月22日午前6時44分、山田泰正撮影
大山山頂付近に朝日が昇る瞬間を大勢の人が待ち構えた=鳥取県米子市久米町の米子城跡で2022年10月22日午前6時44分、山田泰正撮影

 中国地方の最高峰「大山」(鳥取県大山町、1729メートル)の山頂に朝日が重なって見える「ダイヤモンド大山」の観望会が22日、鳥取県米子市久米町の米子城跡で開かれた。「絶景の城」として注目される米子城跡(国史跡)を観光資源として見直そうと、市が主催。県外からの観光客も含め、約1000人が城跡からのパノラマを楽しんだ。

 大山と米子市街は約20キロ離れており、米子城跡からのダイヤモンド大山は2月と10月のそれぞれ数日間のみ、気象条件の良い日だけ楽しめる。午前5時すぎから、懐中電灯を手にした参加者が続々と集まり、標高約90メートルの天守跡の広場へ。天候はあいにくの薄曇りで、日の出ははっきりとは確認できなかったが、午前6時40分ごろ、稜線(りょうせん)がオレンジ色に染まり出し、城下の市街地は一気に明るさを増した。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文538文字)

あわせて読みたい

ニュース特集