特集

知床観光船事故

2022年4月23日、知床半島沖で観光船が沈没。乗客乗員計26人のうち20人が死亡、6人が行方不明に。

特集一覧

「早く全員見つかって」 知床事故から半年、献花台で涙の祈り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
献花台を訪れて花を手向ける人たち=北海道斜里町で2022年10月23日午前11時20分ごろ、本多竹志撮影
献花台を訪れて花を手向ける人たち=北海道斜里町で2022年10月23日午前11時20分ごろ、本多竹志撮影

 北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故から半年となった23日、カズワンの出航したウトロ漁港がある斜里町では、町役場庁舎内の献花台を訪れて犠牲者の冥福を祈る人たちの姿が見られた。一方、この日は波が高く、大型観光船の運航は中止に。天候の荒れやすくなる冬が近づき、知床周辺には「冷たい海」が戻り始めていた。

 この日は日曜で町役場は閉庁日だったが、献花台は開放された。手を合わせていた町内在住の女性(70)は「毎月23日に献花している。事故は忘れられないし、やり切れない思い。(乗客らの)家族の気持ちを思うと早く全員が見つかってほしい」と話し、涙ぐんだ。一緒に訪れた女性(76)も「半年の節目なので献花したかった」と話した。

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文921文字)

【知床観光船事故】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集