国重文記念!若戸大橋でウォーキング 貴重な眺望8000人が楽しむ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
若戸大橋を歩いて渡る参加者=北九州市若松区で2022年10月23日午後0時12分、林大樹撮影
若戸大橋を歩いて渡る参加者=北九州市若松区で2022年10月23日午後0時12分、林大樹撮影

 北九州市戸畑区と若松区を結ぶ若戸大橋で23日、国の重要文化財指定を記念した「若戸大橋ウォーキング」が開かれ、抽選で選ばれた約8000人が普段は歩けない橋を渡った。

 若戸大橋(全長2068メートル、中央のつり橋部分627メートル)は1962年に、当時の最先端技術を駆使して「東洋一のつり橋」として完成。60年の節目を迎えた今年の2月、技術や歴…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

あわせて読みたい

ニュース特集