「熊野修験」が山伏の儀式 護摩木たいて平和祈る 和歌山・青岸渡寺

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
和歌山県那智勝浦町の青岸渡寺で行われた山伏の儀式「採燈大護摩供」
和歌山県那智勝浦町の青岸渡寺で行われた山伏の儀式「採燈大護摩供」

 和歌山県那智勝浦町の青岸渡寺の三重塔前で23日、修験道グループ「熊野修験」が再興35周年を記念し、山伏の儀式「採燈大護摩供(さいとうおおごまく)」を営んだ。世界平和と新型コロナウイルス退散を祈って護摩木をたいた。

 熊野修験は明治時代に途絶えたが、1988年に青岸渡寺の高木亮英住職(72)が再興。世界遺産「紀伊山…

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文394文字)

あわせて読みたい

ニュース特集