「生物多様性の回復を」 佐渡市がネーチャーポジティブ宣言

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 新潟県佐渡市で開かれたシンポジウムで2030年までの「ネーチャーポジティブ」宣言をする渡辺竜五市長=23日
 新潟県佐渡市で開かれたシンポジウムで2030年までの「ネーチャーポジティブ」宣言をする渡辺竜五市長=23日

 一度は絶滅した日本産トキの復活などに取り組む新潟県佐渡市が23日、「2030年までに生物多様性の減少傾向を食い止め、回復に向かわせる」とする「ネーチャーポジティブ」宣言をした。市内で開いたシンポジウムで渡辺竜五市長が表明した。

 この宣言は日本ではまだ少ないが、温室効果ガスの排出を実質的にゼロにする…

この記事は有料記事です。

残り127文字(全文277文字)

あわせて読みたい

ニュース特集