特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

オリックスは3冠王村上をどう攻めたか 失投ではなくとも…

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-オリックス】八回裏ヤクルト無死、右中間本塁打を放ち三塁を回る村上=神宮球場で2022年10月22日、猪飼健史撮影
【ヤクルト-オリックス】八回裏ヤクルト無死、右中間本塁打を放ち三塁を回る村上=神宮球場で2022年10月22日、猪飼健史撮影

○ヤクルト5―3オリックス●(22日・神宮)

 強打者を攻める上での鉄則は、内角を厳しく突けるかどうか。打撃部門で史上最年少「3冠王」のヤクルト・村上宗隆を迎え撃つ投手部門「4冠」のオリックス・山本由伸ら投手陣は、もちろん徹底していた。ただ、この日は村上が一枚上手だった。

 1打席目、山本との対決は四球を選んだ村上。2打席目は、徹底した内角攻めで詰まらされた。第3打席、3番手・本田仁海にも6球全て内角を攻められ、右翼に高々と上がった飛球はフェンス手前で失速した。そんな中で、見せ場は八回、先頭打者で迎えた第4打席に訪れた。

 マウンドに上がったのは落差の大きいフォークを持つ守護神・平野佳寿。落ちる変化球には比較的弱いとされる村上に対し、持ち味を最大限に生かすために攻め方を変えた。

この記事は有料記事です。

残り418文字(全文758文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集