特集

高校野球秋季大会2022

2022年の秋季高校野球トップページです。全国10地区で、新チームによる「秋の王者」が決まります。

特集一覧

大阪桐蔭が初戦突破 満塁弾の村本、泥臭く・美しく 秋季近畿

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一回、右越えに満塁本塁打を放ち、喜ぶ大阪桐蔭の村本勇海(右)=和歌山市内で2022年10月23日午前9時10分、大東祐紀撮影 拡大
一回、右越えに満塁本塁打を放ち、喜ぶ大阪桐蔭の村本勇海(右)=和歌山市内で2022年10月23日午前9時10分、大東祐紀撮影

 高校野球の秋季近畿大会は23日、和歌山市の紀三井寺公園野球場で1回戦があり、今春センバツ優勝の大阪桐蔭(大阪1位)は神戸国際大付(兵庫2位)を6―3で破った。

 緩い変化球をしっかり引きつけた。一回、大阪桐蔭の村本勇海二塁手(2年)が先制の満塁本塁打。「チャンスなので、とにかく先制点」と無欲で臨んだ6番打者の一振りで、この大会の連覇を狙う大阪桐蔭が好発進した。

 狙い通りだった。「スライダーを多投していたので待っていた」。神戸国際大付の右腕の低めのスライダーに反応し、うまく体を回転させてバットの芯で捉え、右翼席へ放り込んだ。高校公式戦初本塁打で、満塁本塁打は「小学生の時以来」だという。この一発などで二回までに5点を奪うと、注目の左腕・前田悠伍投手(2年)の好投で、兵庫の実力校を相手に悠々と逃げ切った。

帽子の裏に達筆な字で「美」と書いている大阪桐蔭の村本勇海=和歌山市内で2022年10月23日午前11時16分、大東祐紀撮影 拡大
帽子の裏に達筆な字で「美」と書いている大阪桐蔭の村本勇海=和歌山市内で2022年10月23日午前11時16分、大東祐紀撮影

 今夏の甲子園のメンバーで唯一、野手で残る選手だ。今秋の大阪大会では当初「3年生の中で勉強してきた。信頼できる」(西谷浩一監督)として、上位打線を任されていたが、不振に陥り、大会途中に7番に降格した。「(打席で)体が前に突っ込んでいた」。そこで自ら練習の中で工夫し、足を上げていた打撃フォームをすり足に変えた。すると、「ボール球を見逃せるようになった」と復調のきっかけをつかみ、近畿大会からは打順を一つ上げた。

 帽子のつばの裏に書いてあるのは「美」の一文字。かなり達筆な字だ。小学3年から中学まで習字に励み、腕前は「習字の先生になる資格がある」ほどだという。「美」と記したのは「縁起がいい言葉だと、母に言われたから」。ところが、自身のモットーは「美」とは裏腹の「泥臭く」。その証しに、懸命に戦った後のユニホームは真っ黒だった。【大東祐紀】

【高校野球秋季大会2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集