京セラのアンカー、残り1kmで転倒 骨折で棄権 プリンセス駅伝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
一斉にスタートする1区の選手たち=福岡県宗像市で2022年10月23日、徳野仁子撮影
一斉にスタートする1区の選手たち=福岡県宗像市で2022年10月23日、徳野仁子撮影

 23日に福岡県宗像市の宗像ユリックスを発着点として実施された全日本実業団対抗女子駅伝の予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(6区間42・195キロ)で、京セラのアンカー・白井明衣選手がフィニッシュまで残り1キロ付近で転倒した。京セラは全日本大会の出場権を得られる上位16位以内を争っていたが、白井選手はそのまま起き上がれずに後続のランナーに次々と抜かれた。審判長が競技続行不能と判断し、京セラは途中棄権となって出場権を逃した。

 大会本部によると、白井選手は宗像市内の病院に搬送され、左太もも骨折と診断された。京セラの若松誠監督は「(白井選手は)序盤の走りは足も動いていて、問題はないように見えた。気温が高かったので、脱水症状については給水の指示も含めて徹底していたが……。転倒の場面は見ておらず詳細は分からないが、僕の判断が甘かったのかもしれない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文539文字)

あわせて読みたい

ニュース特集