特集

三浦佳生|Fun!フィギュア

昨季はジュニアながら全日本選手権4位に食い込んだ実力者。シニアに本格参戦する今季は、持ち味の4回転ジャンプを生かし、駆け上がる

特集一覧

三浦佳生「ぼちぼちかな」 初表彰台も悔しさ スケートアメリカ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
男子フリーで演技する三浦佳生=米ノーウッドで2022年10月22日、USAトゥデー・ロイター
男子フリーで演技する三浦佳生=米ノーウッドで2022年10月22日、USAトゥデー・ロイター

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第1戦、スケートアメリカは22日(日本時間23日)、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の三浦佳生(かお)選手(オリエンタルバイオ・目黒日大高)が178・23点、合計273・19点で2位に入った。

 表彰台に立った三浦選手は少し悔しそうだった。「ぼちぼちできたかなと思うけど、ミスが出てしまった部分もある。改善したい」。海外開催のGPシリーズ初出場とは思えない堂々の演技で2位となったが、満足はしていない。目指すものはもっと先にある。

 最終滑走の緊張もあったのか、冒頭の4回転ループで転倒したが、きっちり立て直した。4回転―3回転の連続トーループを落ち着いて決めると、続けて4回転サルコウにも成功。ともに3点超の加点を引き出す上々の出来栄えだった。疲れが出る後半にも4回転トーループや連続ジャンプを着氷させ、「美女と野獣」のプログラムで本領を発揮。前日のSPに続き、フリーでも自己ベストを記録した。

この記事は有料記事です。

残り218文字(全文647文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集