特集

高校野球秋季大会2022

2022年の秋季高校野球トップページです。全国10地区で、新チームによる「秋の王者」が決まります。

特集一覧

山村学園、山梨学院などが初戦突破 秋季高校野球・関東大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高校野球秋季関東大会1回戦で、三回に右越え2ランを放った専大松戸の上迫田優介外野手=埼玉・レジデンシャルスタジアム大宮で2022年10月23日、浅妻博之撮影 拡大
高校野球秋季関東大会1回戦で、三回に右越え2ランを放った専大松戸の上迫田優介外野手=埼玉・レジデンシャルスタジアム大宮で2022年10月23日、浅妻博之撮影

 高校野球の秋季関東大会は23日、埼玉県営大宮公園野球場などで1回戦4試合が行われた。山村学園(埼玉)は6―4で土浦日大(茨城)に競り勝った。山梨学院は成田(千葉)に3―0で零封勝ちした。専大松戸(千葉)は明和県央(群馬)を7―0の七回コールドで降し、作新学院(栃木)も駿台甲府(山梨)に10―0の五回コールドで快勝した。25日に2回戦4試合が行われる。

山村学園・岡野泰崇監督

 (先発の)鹿島(駿吾)は悪くなかったが、土浦日大さんとの相性が悪いなと思った。(2番手の)西川(歩)は足がつりながらもよくやってくれた。(初出場なので)ノープレッシャーで次も一生懸命やります。

専大松戸・持丸修一監督

 後半に攻めあぐねてしまったが、今回のチームは例年に比べて打撃が良い。(3点とった)一回の攻撃でだいぶ落ち着いて野球ができたが、(3失策の)守りは浮ついていた。先発の青野(流果)は緩いボールを当てられて10安打されながらも、最後は得点を与えなかったのは良かった。

作新学院・小針崇宏監督

 栃木県大会でエラーが多かったチームが、無失策だったことに選手の成長を感じる。どちらかといえば攻撃的なチームなので、前半でリードできたことが大きかった。先発の川又(楓)はストライクゾーンで勝負できていたし、真っすぐでファウルがとれていた。(無四球で)崩れなかったのも良かった。

山梨学院・吉田洸二監督

 相手先発の斎藤(悠世)投手は非常に狙い球を絞りにくく、いい投手だった。上位打線は意気込みすぎた。(先発の)林(謙吾)はストライク先行で、よく投げた。(2番手の)星野泰輝も自分の役割をしっかりやってくれた。

【高校野球秋季大会2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集