特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

オリックス・山崎福也が先制適時打 投打で魅力発揮 日本シリーズ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-オリックス】三回表オリックス1死三塁、山崎福也が先制の右前適時打を放つ=神宮球場で2022年10月23日、幾島健太郎撮影
【ヤクルト-オリックス】三回表オリックス1死三塁、山崎福也が先制の右前適時打を放つ=神宮球場で2022年10月23日、幾島健太郎撮影

 プロ野球の日本シリーズは第2戦が23日、東京・神宮球場で行われ、セ・パ両リーグでともに2連覇したヤクルトとオリックスが対戦した。

 「神宮」ほど、オリックスの左腕・山崎福也の魅力が存分に出せる地はないかもしれない。思い出の地で、投げて、打って、走って――。山崎の特性に期待した中嶋聡監督の抜てきに応えた。

 たたきつけた打球が、前進守備の一、二塁間を抜けていった。三回1死三塁。打席の9番・山崎は外角に沈むチェンジアップに食らいつき、先制の適時打に。その後、二塁走者として、安打から相手守備の乱れを逃さない走塁で追加点のホームを自ら踏んだ。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文795文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集