特集

オリックス

プロ野球・オリックス・バファローズの特集サイトです。

特集一覧

20歳・ヤクルト内山、九回代打で同点3ラン 日本シリーズ初打席

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ヤクルト-オリックス】九回裏ヤクルト無死一、二塁、代打・内山壮真(手前)が3点本塁打を放ち拳を固める=神宮球場で2022年10月23日、幾島健太郎撮影
【ヤクルト-オリックス】九回裏ヤクルト無死一、二塁、代打・内山壮真(手前)が3点本塁打を放ち拳を固める=神宮球場で2022年10月23日、幾島健太郎撮影

△ヤクルト3―3オリックス△(23日・神宮)

 セ・リーグ2連覇を果たしたヤクルトの強さを証明するようなワンシーンだった。崖っぷちで代打を託され、日本シリーズ初打席に立った20歳、内山壮真が起死回生の同点3ラン。昨年の日本シリーズで6試合全てで2点差以内の接戦を演じた両チームの再戦らしい、好ゲームになった。

 九回、先頭打者になった途中出場の宮本丈が二塁打で出塁。フルカウントから塩見泰隆がつないで無死一、二塁の好機を作った。ここで高津臣吾監督が代打で送り出したのが内山だ。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文732文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集