特集

習近平の中国

習近平体制は党大会を経て3期目が始動。権力集中が加速する異例の長期政権は、どこに向かうのでしょうか。

特集一覧

3期目の習指導部 日本、強硬姿勢を警戒 首脳会談の機会探る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中国の習近平国家主席
中国の習近平国家主席

 中国共産党の習近平総書記(国家主席)による3期目指導部が発足したことを受け、日本政府内では中国が今後、台湾問題に対し更なる強硬姿勢で臨むのではないかと警戒する見方も出ている。日本側は事態のエスカレートを防ぐには日中間の対話が不可欠だとして、岸田文雄首相と習氏による首脳会談の機会を引き続き模索する考えだ。

 松野博一官房長官は24日の記者会見で「日中関係は可能性とともに数多くの困難な課題や懸案にも直面している」と指摘した上で「主張すべきは主張して責任ある行動を求めつつ、対話を重ね、共通の課題では協力する『建設的かつ安定的な日中関係』の構築が重要だ」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文766文字)

【習近平の中国】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集