玉城知事、オール沖縄の大敗「真摯に受け止める」 那覇市長選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
支援した翁長雄治氏の敗色が濃厚になり、厳しい表情を浮かべる沖縄県の玉城デニー知事=那覇市で2022年10月23日午後10時59分、喜屋武真之介撮影
支援した翁長雄治氏の敗色が濃厚になり、厳しい表情を浮かべる沖縄県の玉城デニー知事=那覇市で2022年10月23日午後10時59分、喜屋武真之介撮影

 23日に投開票された任期満了に伴う那覇市長選は、岸田文雄政権が推した無所属新人で元副市長の知念覚(さとる)氏(59)が、玉城デニー沖縄県知事ら「オール沖縄」勢力が支援した無所属新人で元県議の翁長雄治(おながたけはる)氏(35)を破り、初当選した。1万40票の大差だった。

 一夜明けた24日、玉城氏は記者団の取材に「結果は真摯(しんし)に受け止める。(1万票の大差は)分析が必要だ」と語った。玉城氏は、政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対を貫く方針だが、「オール沖縄」系の市長は県内11市のうち宮古島市のみとなり、支持基盤の弱体化は顕著。玉城氏を支える県議は「那覇市長は沖縄の政治環境を変える影響…

この記事は有料記事です。

残り470文字(全文782文字)

あわせて読みたい

ニュース特集