特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

山際氏辞任 地元「誰も支援しない」 統一地方選への影響懸念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
岸田文雄首相に辞表を提出後、記者団の質問に答える山際大志郎経済再生担当相=首相官邸で2022年10月24日午後7時8分、竹内幹撮影
岸田文雄首相に辞表を提出後、記者団の質問に答える山際大志郎経済再生担当相=首相官邸で2022年10月24日午後7時8分、竹内幹撮影

 山際大志郎経済再生担当相(神奈川18区)が24日夜、岸田文雄首相に辞表を提出した。「世界平和統一家庭連合」(旧統一教会)との接点が外部からの指摘で次々と発覚し、その度に事実関係を認めるなど後手の対応が続いていた。後援会の幹部や自民党の県連関係者からは「あの対応では誰も支援しない」や「辞任は遅きに失した」などの批判のほか、来春の統一地方選への影響を懸念する声も聞かれた。

 15年以上支援してきた地元川崎市の後援会幹部の男性は、山際氏が旧統一教会との接点について「記憶にない」などの発言を繰り返したことに触れ、「うそをついていたとしか思えない。こういう結果になったのはかわいそうだが、説明責任を果たしていない」と残念そうに語った。さらに「雨が降っても、風が吹いても支援を求めて歩いて回った。大臣になった時はみんなで喜んだ。あの発言では誰も支援しなくなる」と話した。

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文590文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集