自民系、一部で支持層奪い合い 野党は足腰に弱さ 茨城県議選

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
茨城県議会=水戸市笠原町で、韮澤琴音撮影
茨城県議会=水戸市笠原町で、韮澤琴音撮影

 12月2日告示、11日投開票の茨城県議選に向けて主要各党の立候補予定者がそろいつつある。各党ともに来春の統一地方選に向けて党勢を拡大する好機だが、自民党系は一部で支持層を奪い合い、対する野党は足腰の弱さを抱える。定数62に対して24日までに現職58人、元職4人、新人22人の計84人が既に名乗りを上げており、全32選挙区中20選挙区で舌戦が見込まれる。

 84人中女性は9人で全立候補予定者の10・7%。平成以降では、2010年の12・3%に次いで高くなる可能性がある。

この記事は有料記事です。

残り1242文字(全文1477文字)

あわせて読みたい

ニュース特集