特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシア国防相、米英仏トルコと電話協議 ダーティーボム使用懸念で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアのショイグ国防相(右)=モスクワで2022年8月15日、スプートニク通信・AP
ロシアのショイグ国防相(右)=モスクワで2022年8月15日、スプートニク通信・AP

 ロシアのショイグ国防相は23日、自国が侵攻を続けるウクライナの情勢をめぐり、米英仏トルコ4カ国の国防相と相次いで電話で協議した。タス通信などによると、ショイグ氏は一連の協議で、ウクライナが放射性物質をまき散らす「ダーティーボム」(汚い爆弾)を使う恐れがあると指摘し、英国などはロシアの主張を受け入れない考えを明示したという。

 ロシア国防省は、ショイグ氏がウォレス英国防相との電話協議で、ウクライナがダーティーボムを使う恐れがあると伝えたと説明した。これに対し、英国防省は協議後の声明で、ウォレス氏が「このような主張を拒み、(軍事侵攻を)更にエスカレートさせる理由として使わないように注意を促した」と発表。ルコルニュ仏国防相も協議後に「特に核の分野でのエスカレーションに反対する」との見解を示したという。

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文620文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集