襲撃されたラシュディ氏、片目失明 手も不自由に 「悪魔の詩」著者

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
全米図書賞のセレモニーに出席するサルマン・ラシュディ氏=米ニューヨークで2017年11月15日、AP
全米図書賞のセレモニーに出席するサルマン・ラシュディ氏=米ニューヨークで2017年11月15日、AP

 英作家サルマン・ラシュディ氏(75)が8月に米東部ニューヨーク州で男に刃物で襲撃された事件で、同氏の代理人は23日までに、ラシュディ氏が片目を失明したほか、片手が不自由になったと明らかにした。スペイン紙パイスが伝えた。

 代理人は、ラシュディ氏が襲撃により首に3カ所、胴体にも十数カ所の傷を負ったと述べた。同氏の現在の居場所や、今も入院…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

あわせて読みたい

ニュース特集