中国のGDP3.9%増 年間目標達成は絶望的 7~9月期

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 中国国家統計局は24日、2022年7~9月期国内総生産(GDP)が、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比3・9%増だったと発表した。成長率は、上海市のロックダウン(都市封鎖)が直撃した4~6月期(0・4%)を上回ったが、1~3月期(4・8%)の水準には届かなかった。新型コロナウイルスを厳格に封じ込める「ゼロコロナ」政策と不動産不況が大きな重しとなり、景気回復は力強さを欠いた。

 7~9月期のGDPは当初、10月18日に公表する予定だったが、統計局は前日の17日夕方にホームページ上で理由を説明しないまま突如延期を発表。この日も事前通告しないまま突如公表した。

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文529文字)

あわせて読みたい

ニュース特集