特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ロシア「ウクライナが汚い爆弾」と主張 米英仏は「見え透いた虚偽」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアのショイグ国防相(右)=モスクワで2022年8月15日、スプートニク通信・AP
ロシアのショイグ国防相(右)=モスクワで2022年8月15日、スプートニク通信・AP

 ロシアのショイグ国防相は23日、自国が侵攻を続けるウクライナの情勢をめぐり、米英仏トルコ4カ国の国防相と相次いで電話で協議した。タス通信によると、ショイグ氏は一連の協議で、ウクライナが放射性物質をまき散らす「ダーティーボム」(汚い爆弾)を使う恐れがあると指摘した。米英仏3カ国の外相は、電話協議後に発表した共同声明で、「ロシアの主張は見え透いた虚偽であり、我々は明確にこれを拒絶する」と強調した。

 米露国防相の電話協議は21日に続き、3日間で2回目となった。ロシア国防省は前回に続きウクライナ情勢が協議されたことを明かした。米国防総省は「ロシアによるエスカレーションの口実を受け入れず、対話継続の意義を確認した」と説明している。ロシアは自国が占領下に置いたウクライナ南部のザポロジエ原発がウクライナ軍から砲撃されているとしたうえで、ウクライナ側が放射性物質の拡散を狙っているなどと主張。ショイグ氏…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文593文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集