一足早く冬がきた 六甲山小学校でまきストーブ火入れ式、炎に歓声

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
まきストーブに火を入れる六甲山小学校の児童たち=神戸市灘区で2022年10月24日午前10時48分、梅田麻衣子撮影
まきストーブに火を入れる六甲山小学校の児童たち=神戸市灘区で2022年10月24日午前10時48分、梅田麻衣子撮影

 神戸市灘区の標高795メートルの山間部にある市立六甲山小学校で毎年恒例のまきストーブに火を付ける火入れ式が24日行われ、一足早い冬支度をした。同小では二十四節気の一つ「霜降(そうこう)」に合わせて行っている恒例行事だが、今年は霜降の23日が日曜日のため、翌24日に実施された。

 長袖姿の4~6年生の児童たちは、体育館…

この記事は有料記事です。

残り133文字(全文292文字)

あわせて読みたい

ニュース特集