色づく世界自然遺産「白神山地」 ブナ林、紅葉見ごろ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
見ごろを迎えた白神山地のブナ林散策道「世界遺産の径」=青森県西目屋村で2022年10月22日午前11時29分、近藤卓資撮影
見ごろを迎えた白神山地のブナ林散策道「世界遺産の径」=青森県西目屋村で2022年10月22日午前11時29分、近藤卓資撮影

 青森、秋田両県にまたがる国内初の世界自然遺産、白神山地内にあるブナ林散策道コース「世界遺産の径」(青森県西目屋村)の広葉樹林が紅葉の季節を迎えている。

 入山が制限されている核心地域を取り囲む緩衝地域にあり、2キロの登山道を1~2時間で巡ることができる。

 登山ガイドによると、ブナの紅葉は10月上旬か…

この記事は有料記事です。

残り122文字(全文272文字)

あわせて読みたい

ニュース特集