「あちらには長さん、志村がいる」 加藤茶さんと高木ブーさんが追悼

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
イベント会場に姿を見せ、記者らの取材に応じた「ザ・ドリフターズ」の仲本工事さん=東京都内で2021年10月、屋代尚則撮影
イベント会場に姿を見せ、記者らの取材に応じた「ザ・ドリフターズ」の仲本工事さん=東京都内で2021年10月、屋代尚則撮影

 「ザ・ドリフターズ」のメンバー、加藤茶さん(79)と高木ブーさん(89)が24日、乗用車にはねられて亡くなった仲本工事さんへ追悼のコメントを発表した。

 所属事務所「イザワオフィス」が同日、公式サイトで発表した。高木さんは14日、群馬県高崎市で開催中の「志村けんの大爆笑展」の会場に、仲本さんと共に姿を見せていた。「仲本に初孫が生まれ、孫がとても可愛くて、お互いに孫自慢をしたばかりでした」「その時の仲本の笑顔が今も焼き付いてます」といい、仲本さんが学生の頃から60年以上の付き合いだった盟友の死を「本当に悲しくて、悔しい」とつづった。

 仲本さんと高木さんはテレビ番組「ドリフ大爆笑」(フジテレビ系)の「雷様」のコントで共演。「雷様が僕一人になってしまいました」と残念がり、天国では、亡くなったいかりや長介さん、元メンバーの荒井注さん、2020年に新型コロナウイルスに感染し70歳で死去した志村けんさんらと再会してほしいとつづり、「どうぞ安らかに」と締めくくった。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文1009文字)

あわせて読みたい

ニュース特集