テーマはサスティナブル 世界一を目指す足利のバーテンダー

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本大会の優勝トロフィーとタイで開催される地域大会のチケットを持って喜ぶ新井さん。作品を構想中は一日中、アイデアを巡らせていたという=栃木県足利市家富町のBAR猫又屋で2022年10月14日午後10時9分、面川美栄撮影
日本大会の優勝トロフィーとタイで開催される地域大会のチケットを持って喜ぶ新井さん。作品を構想中は一日中、アイデアを巡らせていたという=栃木県足利市家富町のBAR猫又屋で2022年10月14日午後10時9分、面川美栄撮影

 中米ニカラグアのラム酒製造会社が主催する、サスティナブル(持続可能)をテーマにしたカクテル大会の日本大会が9月に東京都渋谷区で開かれ、栃木県足利市家富町の「BAR猫又屋」マスター、新井洋史さん(45)が優勝した。新井さんは27日にタイのバンコクで開催されるアジア太平洋大会で、9の国と地域のバーテンダーと世界大会への切符を争う。2007年以降、世界大会に挑んできた新井さんにとって10年ぶりの海外の舞台となり、「バンコクは夢の続きの一つ。後悔しないために、全力でやる」と笑顔で誓う。

 新井さんは足利市生まれ。中学2年から群馬県桐生市で育った。高校卒業後、父がオーナーを務める猫又屋で働き始め、27歳だった04年、初めて群馬県の大会に出場したところ、惨敗した。父から教わった技術や思いが否定された気がして悔しく、審査員として参加していた日本王者に弟子入り。毎週、店の定休日の日曜日に横浜市に通い、研さんを積んだ。その成果もあり、11年にオランダで開催された大会で2位となるなど、これま…

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1747文字)

あわせて読みたい

ニュース特集