大学生の飲酒死亡事故「また同じことが起きてしまう」遺族の危機感

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
同志社大との和解後、毎日新聞の取材に応じる山口怜伊さんの母親=京都市上京区で2022年10月24日、山崎一輝撮影
同志社大との和解後、毎日新聞の取材に応じる山口怜伊さんの母親=京都市上京区で2022年10月24日、山崎一輝撮影

 同志社大(本部・京都市上京区)ダンスサークルの合宿で2016年、1年生の男子学生(当時19歳)が多量に一気飲みをして死亡したのは、大学が安全配慮義務を怠ったためだとして、遺族が大学に1000万円の賠償を求めた訴訟は24日、京都地裁(菊地浩明裁判長)で和解が成立した。遺族側によると、和解金の支払いはないが、大学側が弔意を示し、学生が「飲み会をなくそう」などと訴えていたメッセージなどを大学のホームページに載せる内容での合意という。

 死亡したのは山口怜伊(れい)さん。訴状などによると、合宿は16年2月22~26日、兵庫県内のホテルであり、山口さんら男女学生29人が参加。学生らは毎晩、飲み会を開き、深夜や翌朝まで一気飲みを繰り返していたという。山口さんは25日、上級生らに「コール」と呼ばれる掛け声などで促され、ビールや焼酎を多量に一気飲み。深夜に意識を失い、翌朝に呼吸をしていない状態で発見され、急性アルコール中毒で死亡した。

 「私ができることはここまでなんだろうな、と感じた。大学は、アルコールハラスメントがあったと認めて反省してほしかった」。同志社大との和解後、取材に応じた母親は涙ぐんだ。

 山口怜伊さんが飲酒後に死亡した直後は「うちの子が周りに迷惑をかけたのでは」と悩む気持ちがあった。しかし、遺品のスマートフォンを見ていると、合宿直前に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で友人に送っていたメッセージを見つけた。…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文1042文字)

あわせて読みたい

ニュース特集