特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

元信者・家族に続々「口封じ」か 旧統一教会「つぼ回収」要望も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)本部=東京都渋谷区で
世界平和統一家庭連合(旧統一教会)本部=東京都渋谷区で

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)が、教団を公然と批判する元信者や信者の元家族に、記者会見中止を求めたり同意なしに自宅を訪問したりといった、「口封じ」とも受け取れる行動を見せている。被害者救済に取り組んできた弁護士は「教団にとって都合の悪い話が広まるのを抑え込むための行為」と批判している。

 「突然来たのでびっくりして……。怖かった」

 17日の衆院予算委員会を傍聴後、実名で顔も隠さず記者会見した橋田達夫さん(64)は、教団の勅使河原秀行・教会改革推進本部長が高知県の自宅を「アポなし」で訪ねてきた時のことを、そう切り出した。

 橋田さんによると、元妻は約30年前からの信者で、約1億円を献金した。元妻とは10年ほど前に離婚したが、不登校になるなどした長男は2年前に36歳で自ら命を絶った。「(教団のせいで)家庭が崩壊した」と訴え、野党が開くヒアリングやメディアを通じて旧統一教会の問題を指摘し続けてきた。

 勅使河原氏は会見前日の16日夕、1人で現れた。事前に教団からあった訪問の打診は断っていたが、勅使河原氏は「2人で…

この記事は有料記事です。

残り1527文字(全文1987文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集