3年ぶりレッドカーペットに二宮和也さんら 東京国際映画祭開幕

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第35回東京国際映画祭のレッドカーペットに登場した、映画「ラーゲリより愛を込めて」の瀬々敬久監督(右)と主演の二宮和也さん=東京都千代田区で2022年10月24日午後5時48分、北山夏帆撮影
第35回東京国際映画祭のレッドカーペットに登場した、映画「ラーゲリより愛を込めて」の瀬々敬久監督(右)と主演の二宮和也さん=東京都千代田区で2022年10月24日午後5時48分、北山夏帆撮影

 第35回東京国際映画祭が24日開幕し、東京宝塚劇場でオープニングセレモニーが行われた。今回はレッドカーペットが3年ぶりに復活、開幕作品「ラーゲリより愛を込めて」主演の二宮和也さん、フェスティバル・アンバサダーの俳優、橋本愛さん、コンペティション部門の日本映画「窓辺にて」の稲垣吾郎さんら、国内外からのゲストが盛装して入場した。

 開幕式ではコンペティション部門の審査委員長、米国の演出家・映画監督のジュリー・テイモアさんが「世界が分断されている中で、映画は今、最も必要とされている共感を取り戻させてくれる」とあいさつ。二宮さんは「『ラーゲリ』は日本映画の良さを感じられる作品。(映画祭で)お祭り気分を楽しんでほしい」と呼びかけた。最後に安藤裕康チェアマンが「さらなる飛躍を目指してがんばりたい」と開会を宣言した。

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文470文字)

あわせて読みたい

ニュース特集